麦坐(むぎくら)の素麺 - 三輪そうめん [三輪素麺]-巽製粉株式会社
もっと豊かな明日のために。私たちのテーマは、食文化の創造です!

HOMEトップ社長挨拶会社概要商品紹介お問い合わせHOME
三輪素麺の特色                             ←前のページへ
たんぱく質の多い準強力粉を使用し、二日工程にて手間暇かけて製造することで、コシの強いのどごしの良い素麺が出来上がります。
ひねものとは
手延素麺には「厄」現象と云うものがあり、高温多湿の梅雨期に加工適正を良くするために用いた油脂が加水分解を起こし、脂肪酸がグルテンと反応し 麺の表面をシャキッとして食感に変えるという現象を「厄」といい、木箱に詰められ倉庫に静かに眠る手延素麺が徐々に変貌していく有り様は発酵食品製造に 於ける神秘性を感ぜずにはいられない。
当社三輪素麺の特徴
当社の三輪素麺は、自社製の厳選された小麦粉を使用しております。

さらに、ISO9001認証取得工場において品質・衛生管理をおこない、工程原理を徹底的に追求する事で、本来の手述べ素麺の良さを損なう事なく、 また手仕事の伝統と基本を尊重し、より近代的でより衛生的な生産システムによる手延べ素麺づくりを確立いたしました。

これにより、天候その他の自然条件や様々な変動条件に左右されることなく、本当のおいしさを安定して提供できる体制を実現しています。
素麺は何故極寒品がよいのか
素麺を冬期に選んで製造するのは、気温が高いと生地がダラけるうえ表面がベトつき気味となり、 互いに延ばしたものがくっつきあい、製造工程中に不都合が生じることと、酵素が活性化して特にねかしの間に発酵して緩み、 生地の緻密性が失われ、また塗布した油が変敗になるのを嫌う為である。
賞味期限について
賞味期限は未開封の状態で保存方法に従って保管した場合に美味しく食べていただける期限です。賞味期限に関わらず、 開封後はお早めにお召し上がりください。
保存方法
手延べそうめんは非常に湿気を吸収しやすく、状態によっては賞味期限内でもカビや虫が発生する場合がございます。 保存の際は直射日光を避け、湿気の少ない場所で保管してください。 (シンク下や床下収納、押し入れなどの多湿になるところは避けてください。)
また、他の匂いを吸収しやすい性質を持っているので匂いの強いもの(化粧品・石鹸・洗剤等)と一緒に保管しないでください。
                                     ←前のページへ